iCloudに写真をバックアップ&復元する方法

@TAKAです。画質が年々改良されるiPhoneのカメラロールには、大切な写真を大量に溜め込んでいる人も多いはず。

そんな時に活用したいのがiCloudへの写真のバックアップです!
iCloudへ写真をバックアップすることで以下の3つのメリットが得られます。

  1. バックアップ後に端末内の写真を整理することで容量不足を改善
  2. 同じApple IDでログインすればiPhone・iPad・Mac間で写真の共有ができる
  3. 端末にもしものことがあっても簡単に復元させることができる
このようにiCloudへのバックアップはメリットだらけなのです。
そこで今回は、iPhone・iPad内の写真をiCloudへバックアップする方法をご紹介。

どれも簡単な操作ばかりなので是非参考にしてください。

それではさっそく行ってみましょー!

スポンサーリンク

iPhone・iPadの設定からiCloudをオンにしよう

写真をバックアップするために初めてiCloudを使う方は、端末からiCloud機能をオンにする必要があります。「設定」アプリをタップしてから「iCloud」を選択しましょう。
iphone-setting-icloud-1
iCloudのメニューが開くと、以下のように自身のApple IDパスワードが求められるので・・
iphone-setting-icloud2
間違いのないよう入力してから「サインイン」していきましょう。

結合」を選択すると、iPhoneやiPad・Mac間でカレンダーやSafariのデータを共有することができます。特に理由がなければ「結合」を選択しましょう。
Apple IDを持っていない方は「Apple IDを新規作成」で新しく作る必要があります。

iCloudへサインインできたら、メニューの項目にある「写真」をタップしましょう。
iPhone-icloud-image-backup-1
iCloudと連携できるバックアップや共有メニューが表示されます。iCloudに写真のバックアップをとりたい時は、この中から「iCloudフォトライブラリ」をオンにします。

すると、「iPhoneのストレージを最適化」、「オリジナルをダウンロード」のサブメニューが表示されます。どちらを選んでもiCloudにバックアップされるのは基本的にオリジナル画像。違いを以下に記載しておきます。
iPhone-icloud-image-backup2

オリジナルをダウンロード」を選べば通常通りにiPhone・iPad内のオリジナル画像がiCloudへバックアップされます。
一方、「iPhoneのストレージを最適化」でも同じようにオリジナル画像が保存されますが、iPhone内の画像サイズ(容量)を自動で最適化(削減)してくれる処理が入ります。
iPhoneの容量不足で困っている方は「ストレージを最適化」を選ぶと、容量を削減できますよ!

iCloudにバックアップした写真を確認しよう

最後にiPhone・iPadからiCloudへバックアップした写真を確認しましょう。こちらのiCloud.comから自身のApple IDとパスワードでログインしていきます。
icloud-image-check1IDとパスワードが入力できたら、→矢印部分をクリック。

無事ログインできたら、「写真」をクリックしましょう。
icloud-image-check2
すると、このようにiCloudにバックアップしてある写真一覧を確認することができます。
icloud-image-check3
いかがでしたでしょうか?iPhoneが紛失したり、故障してしまう前に事前にやっておくことをお勧めします。

バックアップしたデータをiPhoneに復元するには?

icloudにバックアップされた写真データをiPhoneに復元させるには、一度iPhoneをリセットする必要があります。iPhone起動時にiCloudから復元を選べばOK。
ICLOUD-バックアップから復元
なのでリセットせずに写真だけバックアップして復元させたい。なんて方は、Googleフォトなどの外部アプリにバックアップするのがおすすめです。

関連する記事