iPhoneのキャリアメールをバックアップ・復元する3つの方法

iphoneのキャリアメールをバックアップ・復元する3つの方法
@TAKAです。iPhoneの連絡方法にLINEを使う機会が人が多くなった今でも、メールを使う人は変わらずメールを使っています。

特にLINEは、トーク部屋を消してしまうとあっさり全ての会話が消えてしまうので、重要なやりとりをするビジネス間や公共の場ではまだまだメールが使われていると思います。

iPhoneを機種変更したり紛失・故障する前に必ずやっておきたいのが大切なメールのバックアップ。バックアップを取っておけば、万が一の紛失やデータ移行時に復元させることができるので便利です。

ここでは、

iPhoneのキャリアメール(au・Softbank・Docomo)を

  • パソコン(iTunes)
  • iCloud(Appleが提供するオンラインストレージ)
  • Gmail(Googleが提供するオンラインメールサービス)

の3つの場所にバックアップする方法をご紹介。

それぞれのバックアップの特徴や復元方法まで紹介するので、iPhoneのメール履歴をしっかり保存しておきたいという方は是非、参考にしてください!

それではさっそくいってみましょー!

Gmailの場合は【移動して保存】という形になります。複製はされないため、オンライン上に特定のメールを保存しておきたいという方向けです。

スポンサーリンク

メールをパソコン(iTunes)にバックアップする方法

iTunesを使うバックアップの特徴

  • メール以外にも連絡先やLINEデータ、画像・動画・アプリ内情報などiPhoneが丸ごとバックアップ・復元されます。
  • USB(有線)接続なのでバックアップ速度が速く、WifiがなくてもOK。
  • 暗号化バックアップに使うパスワードは、忘れると今後バックアップできるなくなるため控えのメモ推奨です。

①先ずはパソコンにiTunesをダウンロード

ITunesのダウンロード方法

iTunesダウンロード画面

MacにせよWindowsにせよ、操作方法はほとんど一緒になります。まずはお手元のパソコンにAppleの公式サイトからiTunesをダウンロードします。

上記サイトより「今すぐダウンロード」をクリックして進めばOK。

②iTunesを起動してパソコンへiPhoneを接続

itunes-lightningusb-cable

iPhoneに付属されたLightning USB ケーブル

iTunesをインストールできたら、電源が入ったiPhone本体をパソコンとUSB接続します。付属のLightningUSBケーブルを使いましょう。

すると、iTunes画面左上にiPhoneのアイコンが表示されます。ここをクリックします。
もしiPhoneが認識されない場合は、iPhone・iTunesの再起動・USB接続端子を別の端子へ挿し直してみてください
ITunesにIphoneのアイコンが表示

③暗号化バックアップ

画面が移動したら、のような画面が表示されます。中央のバックアップメニューに注目。
itunesのバックアップのメニュー
この中から「iPhoneのバックアップを暗号化」にチェックを入れましょう。メールだけでなく、アプリのデータやパスワードなどiPhone本体を丸ごとバックアップできます。

パスワードを設定すると、自動的にメールを含むiPhone内のデータのバックアップが始まります。しばらく待ちましょう。

設定したパスワードは、次回バックアップと取る時・復元する時に必要になります。忘れないように必ずメモを取ってください。

iTunesにバックアップしたメールデータを復元させる方法

iTunesにメールを含むiPhoneのデータをバックアップできたら、今度は新しいiPhoneにデータを復元します。

ただし、新しいiPhoneに既に入っているデータは消去され、旧iPhoneと全く同じ状態になります。そこだけ気をつけてください。

①バックアップを取ったパソコンに新しいiPhoneを接続

バックアップを取った時と同じように、新しいiPhoneをUSBで接続して左上のiPhoneアイコンをクリックします。

下記の赤枠内にある「iPhoneを復元」を見つけましょう。
iPhoneのメールを復元
ここをクリックすると、旧iPhoneからバックアップしたメールを新しいiPhoneへ復元させることができます!
iPhoneのメールを復元
ただし先ほども伝えたようにこの方法は、iPhone内のデータが丸ごと復元されます。新しいiPhoneに入っているデータは消去されるので気をつけてください。

iCloudにメールデータをバックアップする設定方法

Icloudへのバックアップ画面お次はAppleが無償提供しているオンラインストレージ「iCloud」へのバックアップ方法です。

iCloudを使うバックアップの特徴

  • WiFi通信でデータをインターネット上に送信するため、iPhone単体で可能。
  • iTunesに比べて無線でデータを送るため、データ量が多いとやや時間がかかることがある。
  • iCloudバックアップをオンにすると、WiFi接続・充電時に自動的にバックアップを取ってくれる。
iCloudをオンにすると、WiFi接続と充電の2つの条件が重なった時に自動でメールをバックアップしてくれるようになります。WiFi環境があれば外出時でも手動ワンプッシュでバックアップできるのでパソコンがない方にもおすすめです。

設定からiCloudのバックアップをオンに

設定アプリから」→「iCloud」→「バックアップ」の順にタップします。
初めて使う場合は、AppleIDでログインする必要があります。
Icloudのバックアップ設定
iCloudバックアップをオンにして「今すぐバックアップを作成」をタップすれば、メールアカウントを含むデータのバックアップが始まります。
Icloud-今すぐバックアップを作成
iCloudでバックアップしたデータを別のiPhoneに復元する際は、iPhoneを一度まっさらにする必要があります。設定アプリから「一般」→「リセット」→「全てのコンテンツと設定を消去」を選択して初期化。その後、初期設定画面で「iCloudから復元する」を選択すれば復元可能です。

Gmailにメールを移動して保存する方法

簡単なアカウント登録をするだけでメールアドレスが使えるGmailは、かなりの方が使っているのではないでしょうか?

Gmailを使えば、iPhone内のキャリアメールを個別に移動して保管することができます。

また、逆にGmailにあるメールをiPhoneのキャリアメールに移動させることも可能です。

まずはアプリをiPhoneにインストールしましょう!

Gmail - Googleのメール

Gmail – Googleのメール
開発元:Google, Inc.
無料
posted with アプリーチ

Gmailの場合は、iTunesやiCloudと違いメールを【移動】する形になります。バックアップデータとして複製されるわけではなく、あくまて移動してオンライン上に保存したい方向けです。

Gmailのアカウント登録方法は、簡単なのでここでは割愛します。
アカウント登録が済み、iPhoneにアプリをインストールできたら準備完了です。

設定アプリ」から「メール」→「アカウント」の順にタップします。
Iphone mail acount
Gmailアプリをインストールしてアカウント登録が済んでいると、アカウントの中に「Gmail」が追加されています。ここをタップ!
Gmail-iPhone-オン
メール」の欄をオンにしましょう。

この状態でiPhoneのメールを開くと、auやDocomo・Softbankなどのキャリアメールに加えてGmailのメニューが表示されます。
IPhone-メール-gmailが表示される
キャリアメールの画面で「編集」をタップしてからGmailに移動したいメールを選択して「移動」をタップ!
iPhone-メール-移動
メールアドレスの隣にある赤枠をタップしてGmailを選択。「受信」を選択すると、iPhoneのメールをGmailに保存することができます。
Iphone gmail-移動
もちろんパソコンからGmailにログインすれば、移動したメールを管理できます。

オンライン上に大切なメールを保存しておけば、iPhoneを紛失したり故障した時にも安心できるので、活用して見てはいかが?

関連する記事