iPhoneの連絡先(電話帳)をバックアップして正しく移行・同期する方法

iPhone-連絡先をバックアップ
@TAKAです。iPhoneを新しい機種へ変更した際、なるべく早く済ませたいのが連絡先(電話帳)のバックアップではないでしょうか?また、機種変更の時以外でも万が一に備えて何より一番にとっておきたいのも連絡先。

せっかくiPhoneに登録しておいた電話帳も故障や紛失をしてしまえば一瞬で0になりかねません。必ずとっておきましょう!
過去に書いたこちらの方法でも連絡先をしっかりバックアップできますが、

iTunesはiPhoneの全データ・iCloudは連絡先にチェックを入れるだけでバックアップできます。
関連:iPhoneのデータをPC(パソコン)にバックアップする方法【iTunes】
関連:iPhoneのデータをiCloudにバックアップする方法
Wifi通信ができる場合は、アプリを使うとさらに早く簡単にバックアップ&移行することができます。
Wifi通信が使えない場合は、上記のiTunesを使った方法でバックアップをとりましょう。
iPhoneの電話帳だけスムーズに移行したい方は是非、参考にしてください。
それではいってみましょー!

スポンサードリンク

連絡先を簡単バックアップ&移行できるアプリ「Contacts Kit」を活用しよう

iPhoneの電話帳を丸っとバックアップしたいならこのアプリ「連絡先 バックアップ – IS Contacts Kit Free」が非常に楽でおすすめです。

連絡先 バックアップ - IS Contacts Kit Free

連絡先 バックアップ – IS Contacts Kit Free
無料
posted with アプリーチ

アプリをインストールしてバックアップを押すだけで、ファイルに変換&保存をしてくれます。新しいiPhoneにも簡単に連絡先を移すことができるので早速使い方をご紹介。

アプリをインストールできたら、下図のように「バックアップ」をタップします。

連絡先 バックアップ - IS Contacts Kit Freeでバックアップを選択

iPhone内に登録してある電話帳をほんの数秒でバックアップファイルに変換してくれます。プレビューをタップすると・・・

iPhoneの連絡先-プレビュー

このようにバックアップした連絡先一覧を確認できます。

バックアップした連絡先を新しいiPhoneに移行する方法

上記の方法でZipファイル化した連絡先のデータは簡単に新しいiPhoneに移行できます。ただし、Wifi環境が必要です。

 

※もしWifiがない場合は、iTunes(PC)にバックアップを取ってからデータを復元させましょう。

関連:iPhoneのデータをPC(パソコン)にバックアップする方法【iTunes】

まず事前に連絡先を移行する側のiPhoneに同じアプリ「連絡先 バックアップ – IS Contacts Kit Free」をインストールします。

続いて、バックアップファイルを作ったiPhoneとこれから移す側のiPhone両方の「AirDrop」をオンにしましょう。

iPhoneのAirdropをonに
コントロールセンター(待受け画面で上方向に指をスライド)から簡単にオンにできます。

AirDropをオンにできたら、先ほどのアプリ画面で「開く」を選択。下図のようにAirDropを選択しましょう。

連絡先 バックアップ - IS Contacts Kit Free-Airdropで移行

すると、下図のようにデータを移行できる端末の一覧が表示されます。移行したいiPhoneの名前を選択しましょう!

連絡先をバックアップするiPhoneを選択

送りたいiPhoneにAirDropの通知が届きます。「Contacts Kit」を選択!

連絡先 バックアップ - IS Contacts Kit Free-インポートを開始

最後にインポートをタップしてから、連絡先の処理方法で選んで開始をタップします。これで新しいiPhoneに電話帳が完全に移行します。

自動で連絡先をマージする」を選択すると、古い電話帳と新しい電話帳が合併されます。

連絡先だけ移行したい!という方は是非、ご活用を。

 

スポンサードリンク

iPhone-連絡先をバックアップ
関連する記事