iPhoneの標準メモアプリにロックをかける設定方法

iPhoneのメモにロックをかける
@TAKAです。iPhoneに標準搭載しているメモアプリは、同じAppleIDでログインしているMacやiPadでも閲覧することができます。

間違って削除してしまったり、知らない人に見られない内にロックをかけておくのがおすすめ。ここではiPhoneのメモにパスワード、もしくはTouchIDの指紋認証でロックをかける方法をご紹介。

iPhone本体だけでなくiCloudに保存してあるメモにもロックをかけることができます。

スポンサーリンク

パスワードか指紋認証か、好きな方でロックしよう!

メモは英数字を入力してパスワードをかけるか、TouchIDによる指紋認証でロックをかける2つの方法があります。まずはパスワードでのロック方法からご紹介。

①設定からメモを選択してパスワードを作ろう

パスワードでメモにロックをかけるには、まず設定アプリからパスワードを作る必要があります。

iPhoneの「設定」から「メモ」→「パスワード」の順にタップして「ヒント」まで入力。3回間違えるとヒントが表示されます。
iPhoneのメモにロックをかける設定方法
パスワードが作成できたら、「完了」をタップ!
iPhoneのメモにロックをかける設定方法
これでメモに使うパスワードの完成です。

②メモにロックをかける操作設定

それではメモにロックをかけていきます。メモが完成したら右上にある共有アイコンをタップ。

すると、「メモをロック」というポップメニューが表示されます。ここをタップ!
iPhoneのメモにロックをかける設定方法
先ほど設定しておいたパスワードを入力すればメモがロックされ、
パスワードを入力しなければメモの削除も閲覧もできないようになります。

iPhoneのメモにロックをかけた
ただ、パスワードを忘れた場合はメモを解除することができません。TouchIDを登録しておけば、パスワードを忘れてもロックを解除できるので、できれば設定を。

指紋認証(TouchID)でロックする設定方法

touchid-iphone
指紋認証をかけると万が一パスワードを忘れた時に便利。

設定」から「TouchIDとパスコード」→「指紋を追加」の順にタップします。
IPhone-ouchid指紋設定
指紋の登録が完了すると、メモのパスワード設定画面(「設定」→「メモ」→「パスワード」)に「TouchIDを使用」が表示されるのでここをオンにします。
IPhone-メモ-touchidをオンに
これでメモアプリを指紋でロックできました。パスワードを忘れた場合は、指紋でも解除することができます。
iPhoneのメモを指紋でロック

標準アプリのアイコンを隠すのもおすすめ

ロックをかけるのがちょっと面倒・・・なんて時は完全に隠す方法もおすすめ。パスワードをかけたくない方は是非。

【裏技】iPhoneアプリのアイコンを完全に隠す方法!

2016.04.25
ロックされたメモは、iOS9.3以上でないと表示されないようになっています。もし表示されない場合は、iOSの更新を。

関連する記事