消えた文章が一瞬で復活!iPhoneのシェイク機能の使い方と検知を無効化する設定方法

iPhone-シェイク-設定方法
@TAKAです。iPhoneの便利な機能の中でも特に知られていないのが「一瞬で文章を取り戻せるシェイク機能」です。

間違って書いたり消してしまった文章を簡単に戻すことができるため、慣れるとiPhoneの文章作成が捗ります!

そこでここでは、

  1. iPhoneのシェイク機能の2つの使い所
  2. シェイク機能の使い方と注意点
  3. シェイク以外で文章を元に戻す裏技
  4. シェイクの検知を無効化する設定方法
  5. タップ操作でシェイク機能を使う方法

5つをご紹介。

iPhoneの操作でクリアを連続タップしていた方は必見です。
それではさっそくいってみましょー!

スポンサーリンク

取り消しが便利!シェイク機能が役立つ2つの使い所

シェイクの機能の便利な使い所は主に2つ。一つはメールの削除取り消し、そしてもう一つはLINEやTwitter、メモアプリなどで間違って文章を書いたり、消したりした時に作業を一つ前に戻したい時に使う取り消し機能です。
iPhoneのシェイク機能でできること 特に後者の文章の状態を一つ前に戻せる機能は、覚えるとめちゃめちゃ便利です。「めっちゃ長い文打ったのに消してしまった。。。また打つのかよ。。」なんて時に一瞬で元気になれます。

それではさっそく使い方をご紹介。
一度書いたメモの一部をクリアで消します。
iPhoneのメモを削除ここでiPhone本体を左右もしくは上下にシェイクします。
IPhone-シェイクの使い方

コツはスナップをかけて2回以上振ることです。

すると「取り消す-入力」というポップメニューが表示されるので「取り消す」をタップすると・・・
IPhoneのシェイクで文章が復活先ほど消したテキストが復活。綺麗に修正されます。
また、このシェイク機能を使うとメールアプリで間違ってゴミ箱に送ってしまった操作を取り消すこともできます。

ただ、現状LINEやTWitterなどのサードパーティ製アプリの場合、メモアプリほど細かく元に戻してくれないので注意してください。

シェイクせずとも文章を一つ前に戻す裏技

さらにシェイクをせずに文章を一つ前の状態に戻す裏技をご紹介。

通常iPhoneの画面は縦向きになっていますが、コントロールセンターから画面ロックをオフにしてiPhoneを横向きにすると・・・
コントロールセンター(待受け画面で上方向に指をスワイプして起動)
画面ロックをオフに-iphone 横向き専用のメニューが表示されます。戻るボタンが表示されるのでタップすれば、テキストを一つ前に戻すことができます。これ便利なので是非活用を!
iPhoneのメモをシェイクを使わずに復活

シェイク機能を無効化する方法とタップだけで取り消しをする方法

シェイク機能は左右に振るだけで起動するため誤作動を起こして邪魔になることもあると思います。その場合は、シェイクの検知を無効化させるのがおすすめ。

設定方法は、「設定」→「一般」→「アクセシビリティ」をタップ。

iPhone-シェイクの検知無効化シェイクで取り消し」という項目が見つかるのでここをオフにすれば今後検知されません。

シェイク機能をタップのみで使う方法

シェイク機能はどうしてもiPhone本体を左右に振るため、電車など混雑する場所では使いにくいこともあります。そんな時はタップ操作のみで使うこともできます。

設定」→「一般」→「アクセシビリティ」の順にタップします。
Iphone-アクセシビリティ-assistivetouchの設定
さらに、「AssistiveTouch」をオンに設定し「最上位メニューをカスタマイズ」をタップ。
IPhoneシェイクを起動するデバイス」をタップして「シェイク」にチェックを入れると・・・

シェイクを含む便利機能が使える「AssistiveTouch」が出現します。ここから簡単にシェイク機能が使えます。
IPhone-assistivetouch-シェイク
ちょっと長くなりましたが、iPhoneでクリアを連打していた方は是非活用してみてはいかが?

関連する記事

関連するカテゴリー
iPhoneの裏技・小技

ネットで話題のiPhoneの裏技から便利な小技・小ネタをご紹介します。