強くてコンパクト!iPhone SEの発売日やサイズ、デザイン、機能など最新情報まとめ

Appleが今年発売するであろう4インチの新型、通称「iPhone SE」について、APPHACKでは、この一ヵ月間噂になっている様々な情報を発信してきました!

ここで一度情報を精査するためにも、「iPhone SE」の最新情報を全てまとめたいと思います。発売日やサイズ、デザイン、機能性など総合的に見て、果たしてiPhone SEは「買い」なのか?
他機種とも比較して紹介しているので、iPhone SEをこれから狙う人の購買基準になれば嬉しいです!それではさっそくいってみましょう!

スポンサードリンク

iPhone SEのサイズ・デザインの比較

まずはiPhone SEのサイズやデザインからご紹介!旧モデルのiPhone5Sや最新の6sシリーズとも比較しました。カラーバリエーションや細かい部分(カメラやディスプレイ側面など)の違いにも注目しています。

サイズは、iPhone5シリーズとほぼ同じ!

iphone5se
iPhone SEの大きさは、4インチと言われています。この4インチという大きさは、iPhone5/5sシリーズと同じ大きさ。巨大化の一途を辿っているiPhoneシリーズですが、Mixpanelの調査によると4インチサイズのiPhoneを使っている人の割合は現在でも約30%いるとのこと!

iPhone5s iPhone SE iPhone6s
インチ 4.0 4.0 4.7

現在の最新モデル、iPhone6sのディスプレイサイズは4.7インチです。僕はiPhone5と6の2つを使い分けていますが、やはり6シリーズの4.7インチは片手で操作するにはきつい時がある。(特に横になった時)比べて5シリーズはいつでも片手で非常に使いやすい!

iPhone SEのサイズは、個人的にかなり魅力的ですね~!!次にいきましょう!

デザインの変化は、カメラ横のフラッシュとディスプレイ側面

iPhone SEのデザインについては様々なリーク画像が流出されています。サイズがほぼ同じなのでパッと見はiPhone5とほとんど変わりはありません。しかし、細かな所を見てみると結構違いがあります。

主なデザインの変化として可能性があるのはこちらの4つ!!

カメラ横のフラッシュが円から縦型に

iPhone5se-proto

リーク情報に定評のあるOnLeaks氏からのリーク情報によると、iPhone SEのカメラ横のフラッシュが円型から縦型に変化するとのことです。

また、「次期シリーズのiPhone7ではカメラ部分の突起はなくなる」という情報が入っていますが、この画像からiPhone SEはカメラ部分の突起はそのままの可能性が高いことが考えられます。フラッシュの形は正直どちらでもいいので、突起を何とかしてほしい!
関連記事:iPhone7ではカメラの出っ張りが消える!?よりスマートな背面に

ディスプレイ側面の湾曲

image via 9To5Mac

image via 9To5Mac

iPhone6シリーズから、ディスプレイの側面には手に優しく、画面が少し広く見える湾曲が設けられています。iPhone SEのリーク画像からは湾曲は判断できませんが、6シリーズほどではないものの、iPhone SEの側面にも湾曲が設けられるとのことです。
iPhone5はポケットにいれておくとたまに痛くなる時もあるので、この湾曲が以外と助かる。湾曲ほしい!

電源ボタンが上部から側面へ

image via9To5Mac

image via9To5Mac

iPhone5シリーズでは、電源ボタンが端末の上部にありましたが、6シリーズからは電源ボタンが側面につくようになりましたね。今のところ、iPhone SEも最新シリーズと同じように側面に電源ボタンがつく見通しです。まぁ電源ボタンはどっちでもいいかな~。

iPhone SEは5sよりも薄い!

iPhone SEの厚さは5sよりも薄くなる見通しです!他機種とも比べて見てみると・・・

iPhone5s iPhone SE iPhone6s
厚さ 7.6mm 6.9mm 7.1mm

従来のiPhone5sよりかなり薄くなりますね!ちなみにこのiPhone SEの6.9mmという厚さはiPhone6と同じです。
たしかに5sはカバーをつけると結構厚さを感じるので、これは良い!!
ただ、カバーは従来のものが使えなくなる可能性が高いです。

カラーバリエーションは6Sシリーズと一緒?

iphone-5se1
カラーバリエーションについては、様々な情報が行き交っていましたね!ピンクカラーもでるという情報もありましたが、最新の情報では、iPhone6Sシリーズと同じ「ゴールド」・「ローズゴールド」・「スペースグレイ」・「シルバー」の4色になるという情報で落ち着いています。[cc id=2368]4インチとなると女性ユーザーが多くなるような気がするのでピンクはそれなりに人気がでると思うんですが、どうなんでしょう?ローズゴールドは今や人気の色になりましたね!周りにもかなり使っている人がいます。

関連:4インチの新型「iPhone 5SE」と「iPad Air3」、3月18日に発売決定か!?

関連:iPhone 5SEの色はスペースグレイ・ピンク・シルバーになるか!?

新機能や性能・メモリの比較

iPhone SEは、ざっくり言うとiPhone6sシリーズとほぼ同じスペックになるかもしれません!
内蔵されるプロセッサやチップの変化・カメラの性能などについてまとめた上で他機種と比較していきます!

容量の種類は?

iPhone SEの容量は、16GBと64GBの2種類が用意されます!この容量はiPhone6シリーズと同じです。

iPhone5s iPhone SE iPhone6s
容量 16GB、32GB 16GB、64GB 16GB、64GB、128GB

また、iPhone5シリーズにあった32GBモデルはなくなっていますね。

iPhone6s/Plusでも16GB、64GB、128GBとなっているので32GBの需要が少なかった可能性は高いですね。もしくはiCloudの台頭でそこまで細かく容量を用意する必要はないとの見解かもしれません!

iPhone SEのSEとは?

このiPhone SEのEEnhancedの意味でiPhone5sの「強化」版の意味と言われています。

また、SpecialEditionではないかとも言われていますが、そもそもSの意味が公式で明らかになっていないのでこれはなんともいえませんね。

内蔵されるのは最新のA9プロセッサ!動作がサクサクに!

iPhone SEには、最新のプロセッサであるA9プロセッサが搭載されると言われています!
ちなみにプロセッサとはiPhoneの中を動かしているコンピュータ。これが新しくなります!

iPhone5s iPhone SE iPhone6s
内蔵プロセッサ A7 A9 A9(6⇒A8)

ちなみにiPhone6はA8プロセッサ。
では、一世代前のA8からA9プロセッサになることで具体的にどのくらい性能が上がるのか?

Apple公式による見識では、A8からA9プロセッサになることでCPU全体のパフォーマンスは約70%向上すると言われており、さらに画像や文字をディスプレイに表示する処理能力は約90%も向上するとのことです!これはすごい。。ちなみにRAMは2GB。[cc id=2368]iPhone5と6を使っていると、5では稀にフリーズしたりするのでこれは嬉しい。
6シリーズに比べて画面が小さい分、さらにサクサク動作することが期待できますね!

関連:どれくらいスペック変わるの?iPhone 5SEに搭載されるA9プロセッサの力とは

M9チップ搭載!Hey Siri!が使えるように!

iPhone SEにはA9プロセッサに加えてM9チップが搭載されることが分かっています。

これにより、今までホームボタンの長押しでSiriを呼び出していた人も呼びかけるだけで応答してくれる「Hey Siri!」の機能が使えるように!

ちなみに「Hey Siri!」はこちらのAppleの公式動画で紹介されています。

指紋認証はできるのか!?Touch IDの搭載は?

iPhone6シリーズから搭載されている「Touch ID」は、ホームボタンで指紋認証が出来たり、「軽く押す」、「深く押す」を使いこなすことで様々なアクションを行うことができる便利な機能です。

apple_touch_id

こちらのTouch IDは、iPhone SEに搭載される見通しです!ただリーク画像によっては明らかに搭載されていない(ホームボタンが変わっていない)ものがあるので搭載されない可能性が0ではありません。指紋認証はほしい!!パスワードを打ち込む必要がなくなるのでめっちゃ便利です。[cc id=2368]Touch IDの搭載には「TAPTIC=ENGINE」という装置を埋め込む必要があり、やや重くなります。4インチ型iPhoneはサイズのコンパクトさと軽さが売りになる可能性が高いので、そこらへんの引き合いになる可能性もありますね。

関連:iPhone 5SEの新たな図面が流出か!?CAD画像も同時に

カメラの性能はiPhone6と同等

iPhone SEのカメラ性能はiPhone6シリーズとほぼ同等になります!
外向きのiSightカメラは800万画素で内向きのFaceTimeカメラは120万画素になる見通し。さらにLive photoが搭載されます!

Live photo機能が搭載!

Live photos-使い方

Live Photoは、iPhone6sシリーズから新たに搭載されたカメラ機能の1つです!Live Photoは、写真を撮る前の前後の映像を写真に一緒に保存することができる機能で、これを使うことで写真がどんな内容なのかが相手に伝わりやすくなります。

VoLTEの利用で高音質の通話が可能になるぞ!

さらに通話機能についてはVoLTE(ボルテ)が利用可能になります。ちなみにVoLTEとは、6シリーズから搭載されている高音質電話機能のことで、これが使えることで従来の通話よりも綺麗な音で通話できるようになります。電話することが多い人にとっては嬉しい!

発売日はいつ?日本での発売時期予定について

さて気になるiPhone SEの発売日ですが、いつになるのか?予想では3月14日の週に発表され、その翌週には発売される見通しでしたが、これは2016年3月18日(金)になる可能性が非常に高いです。
Appleの次回発表会が3月15日(火)(日本時間:3月16日)に開催されますが、ここで初のお披露目となる見通し。

通常であれば、1週間以上の予約期間を設けてきたAppleですが、今回予約期間はなくなる可能性が高いです。
なぜなら、9月にはiPhone7も控えている上、iPhone SEは中国など新興国を中心に販売するとの情報もあるので予約期間の必要性が低いとの考えかもしれませんね。
関連:検索 18日 4インチの新型「iPhone 5SE」と「iPad Air3」、3月18日に発売決定か!?
関連:Apple次回の発表会は3月15日(日本時間3月16日)に確定か

iPhone SEの値段は?

iPhone SEの値段はいくらになるのか・・・
価格は据え置きになります。SIMフリーで約58,800円~辺りになるでしょう。
[iPhoneSE比較リンク]

以下も追記情報です。

Follow Me!

スポンサードリンク

関連する記事