iPhone7ではカメラの出っ張りが消える!?よりスマートな背面に

Appleが今年の9月に発表を予定しているiPhone7のカメラですが、なんとあの出っ張りが無くなると報じられています!(上記画像はiPhone7の完成予想図)

米メディアのMacRumorsが得た情報筋によると、iPhone7と6sシリーズのデザイン面の大きな違いは2つあるとのこと。一つはカメラ!もうひとつはアンテナ線が無くなること。

スポンサーリンク

6シリーズから存在するカメラの出っ張りが消える可能性

どこまでも薄型を目指しているAppleですが、iPhone6シリーズからはカメラの薄さだけがついていけておらず6sシリーズになっても出っ張りがある状態です。そのカメラの出っ張りがiPhone7になって消えるとのこと!(これは嬉しい!)

一方、機能面では光学ズームに対応したデュアルカメラが噂されていますが、7は従来に近い機能になるとのこと。7Plusにはデュアルカメラが搭載されるようなので、画質にこだわり一眼レフに近い撮影がしたい方は、7Plusを検討するのもありでしょう。

アンテナ線が無くなり、よりスマートに

アンテナライン

また、上の画像のように今まであったアンテナライン(Dライン)が消えることで洗練されたスマートなデザインになるようです。

画像を見ると分かるように側面と上部にあるアンテナラインは残る模様。

薄型化の懸念

薄型化が進んでいくiPhoneですが、正直なところ耐久性がついてくるのか心配な面もあり個人的にはそこまで薄さを求めてはいません。それよりカメラの出っ張りが無くなるのは嬉しいし、ユーザーもそれを求めている可能性は高いと感じますね。
Source:MacRumors

関連する記事