4インチ型iPhoneの厚さは5sより薄い可能性!3D Touchは非搭載か

中国メディアM.I.C Gadgetが関係者から得た情報によると、3月に発表が噂されている4インチ型iPhone(5se or 6c)は、3D Touchが非搭載でiPhone5sよりも薄くなる可能性が高いと報じています。

スポンサードリンク

iPhone6s、6sPlusに搭載された3D Touchは搭載されない?

4インチ型iPhoneには3D Touchが搭載されないとういうことですが、その真偽は不明です。
ちなみに3D Touchとは以下の動画で確認できますが、タッチの感覚によって様々な機能が使え慣れると非常に便利な機能です。

薄さは6シリーズと同じか、3D Touch非搭載は軽量化が目的の可能性

6sシリーズから搭載されたこの3D Touchは「TAPTIC-ENGINE」という装置を埋め込む必要があるため、やや重くなります。
Taptic-Engine
さらに、新型4インチはiPhone5sより薄型化する可能性が高いと報じられていますね。
iPhone5sは7.6mmなのに対し4インチは6.9mmとされており、これは6シリーズと同様の厚さとなります。
ちなみに6sは7.1mm、6sPlusは7.3mm!

ケースが使えない可能性大

iPhone5sより0.7mmも薄くなるということは、同じiPhoneケースは使えないということでしょう。
4インチモデルの日本での発売は未発表だが、発売される場合は新モデルの専用のケースを買う必要があるでしょう。

また、内蔵されるチップはA9/M9プロセッサ、容量は16GB、64GBと一貫して同じ情報が続いているためこの可能性は高いと考えられます。

Follow Me!

スポンサードリンク

関連する記事