iPhone7s、有機ELディスプレイ搭載が予定より前倒しへ

2018年に採用されると伝えられていたiPhoneへの有機ELディスプレイ搭載が、なんと来年の2017年秋にも採用されるとのことです。

スポンサードリンク

有機ELディスプレイの搭載で進化するiPhone

中国メディアによると、2018年に予定していたiPhoneへの有機ELディスプレイ搭載は、1年前倒しされ2017年の秋に搭載されるということを伝えています。

現在有機ELディスプレイが採用されているのは、現状Apple製品の中で「Apple Watch」だけです。では有機ELが搭載されることでどうiPhoneが変わるのか?有機ELの搭載は以下のようなメリットがあります。

  • ディスプレイの厚みがさらに薄くなる。
  • 色彩の応答速度やコントラスト比が向上し、よりクリアな映像を見ることができる。
  • 消費電力の削減にも繋がる。
  • どの角度から見ても画質が変化せず、正面から見ているような印象を与える。

などの期待ができます。消費電力の削減は、iPhoneの大きな課題でもあるバッテリー時間の向上にもつながりますね!

有機ELディスプレイの仕入先はサムスン、LG Displayの他にも

iPhone-有機EL2
このように有機ELディスプレイは、スマートフォンの魅力を大きく伸ばしてくれる重要な要素となるため、その技術の獲得には各社全力です。(先日SHARPを買収したホンハイもこの有機ELの技術を獲得するためです。)
Appleが、有機ELディスプレイの仕入先として視野いれているのはサムスン電子、LG Displayが有力だと考えられています。

2017年の秋といえば、iPhone7s!

iPhone-有機EL
iPhoneは2年に一度メジャーアップデートを行います。その度にナンバリングが上がって行くことは皆さんご存知ですよね。逆に6→6sなどのマイナーアップデートでは、デザインがそこまで変わらないという傾向があります。

2017年の秋といえば、このままいくと「iPhone7s」になります。今年の秋に発売されるであろうiPhone7は背面のラインとカメラの突起がなくなる可能性があるのでそれなりにデザインの変更があります。iPhone7sではデザインの変更はほぼなく、有機ELディスプレイが強みになる可能性は十分にありそうです。

ただこれらの情報の信憑性は定かではない様子。KGI SecuritiesのMing-Chi Kuo氏の予想では、AppleがiPhoneシリーズに有機ELディスプレイを採用するのは2019年とのこと。待ち遠しいですね!
Follow Me!

スポンサードリンク

関連する記事