iPad Air3は4Kディスプレイを搭載か?RAMは4GB、バッテリー拡張の可能性

スポンサードリンク

4Kディスプレイが搭載か?意義的な意見も

台湾メディアDigitimesによると3月に発表が噂されるiPad Air3に4Kディスプレイが採用されるとのこと。しかし、この意見にはブログメディア9to5macを中心に意義的な意見もあります。その理由はiPad proの存在とのこと。

今回の報告が本当であれば、iPad Air3はiPad Proの画質を超えることになります。「Pro」とはその名の通りプロ向けの製品になっており、スペック自体も最高位の物になっているのです。

これを超える製品を早々と出すのはAppleらしくないとの見解ですね。たしかに早すぎる感は否めません。信憑性は明らかになっていないので続報を待ちましょう。

メモリは4GBになり、スピーカーは2基から4基、LEDフラッシュ搭載へ

また、iPad Air3のメモリは4GBになり、スピーカーは2基から4基に増えるとのこと。
バッテリーの拡張やApple pencilに対応する可能性が高いとの情報です!さらにLEDフラッシュ搭載との情報も。

iPad Air3のスペックは総合的にかなり高い可能性

これらの情報がすべて本当であればiPad air3はかなり買い
iPad Air2からの跳躍はもちろん、Proモデルに退けを取りません。
発表は3月14日の週、4インチの新型iPhone5seの発表と共に行われると思いますが、今後、3月に向けてiPad Air3はAir2と比較してどう変わるのか。総合的に見て判断するのがよいでしょう。
sorce:9to5macDigitimes

Follow Me!

スポンサードリンク

関連する記事

Pick up
ノミネート13作品が公開

「ダンジョン飯」、「東京タラレバ娘」など全13作品が選考対象に