6秒動画のVineが「Vine Camera」として生まれ変わることが判明!

Vine
@TAKAです。今年の10月にサービス終了を伝えていた6秒動画のVineですが、一部機能を移植した「Vine Camera」として生まれ変わることが判明しています。

Vine Cameraでは、これまで通り6秒動画を作成できることに加えWeb上のVine動画をアプリからダウンロードできるようになる見通しです。

スポンサーリンク

Vineが復活!しかし、コミュニティは消滅

6秒動画のVineが「Vine Camera」として復活。iOS、Android両方の公式アプリとして2017年の1月にリリースされる予定です。


移植のような形で新しくリリースされるVine Cameraでは、作成した動画をTwitterに直接投稿できる機能やWebやアプリで閲覧できるVine動画をMP4形式でダウンロードできる機能が予定されているとのこと。

一方でVineアプリに存在していたコミュニティ機能は、完全に消えると発表されています。この対応としてVineのフォロワーだった人に対して、同じTwitterアカウントを発見してフォローしやすいようにする新機能が追加される見通しです。

2億人ものユーザーを誇るVineですが、なんとか息をとりとめたようですね。僕はまだVineを使ったことがないのでVine Cameraがリリースされ次第、どんどん使ってみたいと思います。

(Via Vine

関連する記事