【要注意】iPhone7/7Plusのジェットブラック、背面の印字が剥がれる不具合が発生

@TAKAです。発売されたばかりのiPhone7/7Plusジェットブラックですが、裏面の印字がほとんど消えてしまう不具合が発見されている模様。動画もあるのでiPhone7ジェットブラックを持っている方は原因も合わせて要チェック!

スポンサードリンク

印字が剥がれる原因は保護フィルム?対処法は?

まだ発売されたばかりのiPhone7ジェットブラック利用者は要チェック!

iPhoneの裏には、基本的に「iPhone」と生産国などが印字されていますが、この印字がスキンシート(本体の保護シート)に転写されて消える不具合が一部で発生しているとのこと。

この現象については「MacRumors」などのApple系フォーラムで投稿されており、投稿者のksyu氏によると、保護フィルムを約1分間貼りつけただけで印字が転写されてしまったとのことです。
動画でも紹介されているのでどうぞ。


一部ユーザーでは、「必要ないし消えてしまうのもありかもしれない」という声がありますが中途半端に削られてしまっては格好が悪い。

人気アクセサリーメーカーSpigenによると、保護フィルムを開封後にすぐ貼ると粘着剤や残っていたり水分で張り付いてしまう現象が起こるとのこと。
保護フィルムを外に開封したら、5分は放置して乾燥させた方がいいようですね。

Spigenの公式サイトでは、iPhoneケースを安全に取り付ける際の注意点を動画でわかりやすく説明してくれていますので是非参考にどうぞ。

【お取り付けの際のご注意】
iPhone 7 / 7Plus ジェットブラックに当ケースを付ける時には、
ケースの保護シートをはがして、5分以上経ってからiPhoneにお付けください。

保護シートの粘着剤が残っていたり、iPhoneに水分が付いていると、
ケースがiPhoneに貼りつく現象が発生することがあります。

その場合、iPhoneを外し乾いたクロスで拭いて、
5分ほど経ってiPhone表面が乾燥してからケースにお付けください。

Via:Spigen

スポンサードリンク

関連する記事