【マジか】Facebookアプリを入れるとiPhoneのバッテリー消費が激しくなることが判明

テック系ブログのThe Guardianによると、今まで使っていたiOS版のFacebookアプリをiPhoneからアンインストールして使用してみた結果およそ15%もバッテリー消費が抑えられたことを明らかにしています!
ライターのGibbs氏の使用端末は「iPhone6s Plus」!

どんな測定方法でやったの?

facebooklogo

気になる測定方法は少々大ざっぱな印象。朝の7時から夜の10時までは普通にiPhoneを使い、10時にバッテリーの残量を測定。これを一週間続けた。

その後、Facebook公式アプリをアンインストールし、iPhone標準ブラウザである「Safari」からFacebookを使って同じく1週間使用。

15%もバッテリー消費を抑える結果が得られた!

毎日同じ時間にバッテリー持ちを測定。Facebookのアプリを使用していた週に比べて、SafariのブラウザからFacebookを使用していた週では、約15%もバッテリーの持ちが良くなったとのこと。

ストレージ容量の大きさも気になる・・・

また、FacebookアプリはiPhone内のストレージ容量不足にもつながっているようです。
Facebookアプリの本体容量は100MBとそこまでの大きさではないです。

しかし、Gibbs氏のiPhone上では500MBとなっており動作環境や書類、データで圧迫されることも考えると結構な容量になってしまうよう。
Gibbs氏はバッテリー消費についての情報を裏付けるため、他のユーザーにも同じ条件で測定してもらった所、同様の結果が得られたというユーザーが多数いることが分かりました。

Facebookは原因解明中!現在の対策案は?

Facebookはこの問題について原因解明を進めているとのこと。

Facebookがアップデートでこの問題を解決するまでは、SafariのショートカットアイコンをiPhone上に作って使ったほうがバッテリーの節約につながるでしょう。バッテリー消費を防ぎたい人はお試しあれ!

Since:The Guardian

Follow Me!

スポンサードリンク

関連する記事

Pick up
ノミネート13作品が公開

「ダンジョン飯」、「東京タラレバ娘」など全13作品が選考対象に